中古車 売却

中古車を高値で売却するコツ

 

車を売却する際に、
どのようにしたら
高く売る事ができるのでしょうか。

 

知り合いが車屋にいるから、
心配ないという人もいらっしゃいますが、
そんなことを言っていると、
信頼を逆手に安く買いたたかれて
損をしていたなんて事になりかねません。

 

一番怖いのは、
損をしたことに気付かない事なのですが、
気づかないから
次も損をする事に繋がっていきます。

 

又は近所の車屋さんにと
言っている方も
損をしている可能性があるのです。

 

今回はそんな
中古車の上手な売却の方法と、
損をする可能性についてご説明いたします。


損をしてしまう理由

 

基本的に、
地域の車屋さんって、
ディーラーも含めて、
地元に根付いた商売をしていますよね。

 

この地元に根付いたというのが
キーワードなのですが、
地元に根付いているが故に、
買い取りや下取りをした車を
販売するのも地元へ販売します。

 

そう、地元という狭い商圏を
相手に商売をするのですから、
販売シェアは極端に小さいのです。

 

このことから、
買い取った車が
売れるか売れ残るかの
判断もしなくてはいけませんし、
そのうえで、
どれくらいの金額でなら
売れるかを判断しなくてはなりません。

 

そんな事にとらわれてしまっては、
高く買い取るようなリスクを
冒す事なんてできないというわけです。

 

これが理由で、
地元の業者に買い取りや下取りに出す事で、
本来ならば高値で売れる可能性のある車を、
安値で売って損している可能性がある
のです。

 

更には信頼している営業ほど、
この人が裏切るはずが無いという感情を逆手に、
さも高値で買ったように見せて、
安く買い取っている事がありますので気を付けましょう。


高く売却するなら業者のシェアが大切

 

車を高値で売却する際には、
業者の販売シェアが一番重要になってきます。

 

例えば、地元でしか販売シェアを
確保できていないような車屋よりも、
日本全国に販売シェアを
持っている業者の方が高くで買い取ってくれます。

 

更には、日本全国に
シェアを持っている業者よりも、
輸出によって世界的なシェアを持つ業者の方が強いのです。

 

このように買い取り業者の販売シェアによって
高く買い取りがしてもらえるようになるので、
買い取り業者の販売シェアが
一番大切という事になりますよね。


競合させる

 

ただし、販売シェアがある業者でも、
一社だけに依頼すると、高く売れません。

 

他社との比較ができないため、
交渉の武器が乏しくなってしまい、
なかなか金額を上乗せできないからです。

 

販売シェアの大きい業者に依頼しても、
結果的に安く売却してしまい、
結局損をしてしまう事になってしまうのです。

 

そうなってしまうと本末転倒ですよね。

 

そうなってしまうのを
避ける一番の方法は、
買い取り業者を競合させるのが一番です。

 

競合させる事で、
相場も見えてきますし、
交渉も他の業者の金額をチラつかせる事で
簡単にでき、更には高く売却できる可能性が出てきます。

 

しかし、競合させる為に
沢山の買い取り業者を
一軒一軒回るのは大変です。

 

そんな大変な事をしているうちに、
いつの間にか安く売っていた
なんて事になりかねませんよね。

 

そんな事にならないようにするには
どのようにしたら良いのでしょうか。

 

失敗しない為には、
一括査定を利用する事が一番の方法でしょう。

 

この一括査定を利用する事で、
簡単に複数の買い取り業者に
査定依頼を一括して依頼する事ができます。

 

その為、
沢山の買い取り業者を
回るといった大変さは無く、
時間もかかりませんので、
大変さに負けていつの間にか、
契約をしてしまったという事も起きないのです。

 

また、一括査定を利用する事で、
買い取り業者間で勝手に競合してくれますので、
金額の交渉などの手間を省くことができ、
とてもスムーズです。

 

一括査定なら、リクルートが運営する「カーセンサー」がおすすめです。
大手から中小まで多数の買取店が参加しているので、
高く買い取ってくれるところを見つけやすいです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

電話なしに指定することもできますし、
無料なので試してみてはいかがでしょうか。

 

 


中古車を売却するのに印鑑証明を忘れずに!

 

中古車を売却するのに印鑑証明という書類が必要です。

 

どうして印鑑証明が必要なんだと思われる方も
いらっしゃるかと思います。

 

そこで、
印鑑証明が必要な理由を説明します。

 

基本的に、登録自動車(普通車)を
登録する際には印鑑証明が必要となります。

 

そんなもの要らなかったと言う方は、
クレジットで購入された方かと思います。

 

更に、車を売却すると、
車を買い取った業者は、
まず初めに所有権解除と
名義変更の手続きをするのです。

 

そこで、車を登録した時に
印鑑証明で登録をすると言いましたよね。

 

なので、所有権を解除する際にも
印鑑証明が必要なのです。

 

印鑑証明が居る場合

 

売却した際に、
印鑑証明が必要な場合と
そうでない場合とが存在するのですが、
印鑑証明が必要な場合とはどのような時でしょう。

 

車検証の所有者の欄を
確認していただければと思うのですが、
所有権の欄に自分の名前が記載してある場合には
自分の印鑑証明が必要です。

 

簡単に言えば、
車検証上の所有権の
欄の名前の方の印鑑証明が必要なのです。

 

しかし、売却した際に、
住民票で良いと言われる場合があります。

 

それはクレジット会社
などが所有者になっている場合です。

 

このような場合には
住民票でクレジット会社に
所有権解除の書類を請求する事ができますので、
住民票で良いと言われるのです。

 

しかしこの場合は
クレジットの支払いが
確実に終了していることが
前提になります。

 

もしも、クレジットが残っていると
書類を発行してもらえませんので注意しましょう。

 

クレジットの支払いが
完了している際には
すぐに発行いてもらえるので
安心して大丈夫です。

 

印鑑証明には期限がある

 

売却時に買い取り業者へ
渡す印鑑証明は
いつの物でも良いわけではありません。

 

印鑑証明には
効力が発揮できる期間があり、
その期間は3か月とされていますので、
発行から3か月以内の
印鑑証明を渡すようにしましょう。

 

登録自動車を売却する際は必ず印鑑証明が必要

 

このように、
登録自動車(普通車)を
売却する際には必ず
印鑑証明が必要になりますので注意が必要です。

 

クレジットの場合にも
クレジット会社が印鑑証明を
発行している事を
理解していただければと思います。

 

稀に軽自動車の名義が
業者の場合にも印鑑証明が
必要になる事がありますので
注意してくださいね。


車検に出すべき?車検切れはどうなる?

 

車検前の車を、
売却するか車検をして乗るか
検討していらっしゃる方もいらっしゃる事でしょう。

 

中には、
中古車として売却する際に
車検をして売却した方が
高く売れるのではと考えている方も
いらっしゃいますよね。

 

しかし、よくよく考えてみると、
車検をしても
本当に高く売れるものなのでしょうか。

 

車検をしたら高く売れるのか

 

車検が多く残っている方が
買い取りなどで、
高値で売れると聞いたことはありませんか。

 

しかし、
それは本当なのでしょうか。

 

車検の残りが多いと確かに、
中古車として業者が販売する際に
売りやすくなります。

 

しかし、
車検をして売却した場合に、
車検に掛かった分の料金が上乗せされるかというと
そうでも無いと知っていましたか。

 

正確には、
車検の残月の査定上の評価という物が
それほど高くないのです。

 

と、言うのも車検の残月の評価という物は
基準が3か月の残となっている為、
3か月残月が残っていても評価は0点なのです。

 

更に言えば、
24か月車検の残が残っていても、
2万円ほどのプラスにしかなりません。

 

そう考えると、
車検に10万円かかった場合に
買い取り査定が2万円上がっても、
8万円は損をしてしまうのです。

 

このように車検が切れた場合、
また切れそうな場合には車検は受けずに
買い取り業者に売却する事が得策といえるでしょう。

 

しかし、車検が切れた車を
売却する事ができるのか
という疑問がありますよね。

 

車検切れでも売れる

 

車検切れでも売却は
可能です。

 

買い取り業者などに、
車を売却すると再販する際には
必ず再度車検をして販売します。

 

しかし、
そんな事をすると、
買い取り業者が損をするような感じになる為、
あり得ないと言う声が聞こえてきそうですね。

 

しかし、
買い取り業者が
車検切れの車を販売する際には、
基本的に中古車の見積もり額の中に
あらかじめ費用として盛り込まれているのです。

 

ということは、
車検切れの中古車の車検代を
実質支払うのは
次の購入者という事になります。

 

このように、
巧妙に車検代を購入者に負担させる事で、
損をすることなく
販売する方法を確立していますので、
買い取り業者にとっては、
車検切れなんて問題は
さほど大した問題ではありません。

 

その為買い取り業者などは、
車検切れの車でも快く買い取ってくれます。

 

更には、
輸出される車であれば、
車検をしなくても海外に売れますので、
車検は全く関係ありません。

 

このように、
車検が切れそうでも売却を考えている場合には
車検をする必要は無いと言えるでしょう。

 

車検に出して、
車検代を損した
なんて事にならないように
気を付けましょうね。


売却時の保険の手続き

 

基本的に車には任意保険を掛けていますよね。

 

稀に無保険で
乗っていらっしゃる方も
見受けますが、
車に乗る以上任意保険への
加入が必要という観点から、
任意保険に加入されている
前提でお話していきます。

 

強制保険(自賠責保険)とは違い、
任意保険は一人一人が
任意で加入していますので、
勿論解約などの手続きも
個人でしなくてはいけません。

 

ここでは、車を売却後の
任意保険の手続きについて
ご紹介いたします。

 

任意保険の手続きは基本的に2つ

 

車を売却した際に、
行う手続きは基本的に2つと
思ってください。

 

それは、
解約の手続きと
休止の手続きです。

 

どちらにしても、
手続き後の保険料は
かからないのですが、
休止できる期間には
限度がありますので、
車を使わない期間によって
決めると良いでしょう。

 

基本的に、
車を売却して
車に乗らない等の
減車という場合は、
その後の車が予定されていませんので、
解約という手続きをします。

 

車を買い替えるにあたって、
納車日よりも先に車を手放した場合には
休止の手続きをすると良いでしょう。

 

しかし、
納車までが1週間とか2週間とかであれば、
休止の手続きをする意味はあまりありません。

 

解約や休止の手続きをしなかったら

 

保険には、
年払い、月払いと
支払い方法が2つあります。

 

このため手続きをしないでおくと、
車が無い期間も保険料を
支払わなければなりませんので
非常にもったいないです。

 

1週間や2週間であれば、
手続き後に復活させても払う金額は
同じなので良いのですが、
数か月にわたる場合には、
金額も大きくなりますので注意しましょう。

 

納車時に手放す場合

 

納車と売却日が同日や、
売却日の方が遅い場合には、
納車日に保険を新しい車に
引き継ぐ手続きをします。

 

これは、
車両入替という手続きで、
納車前には車検証が車屋に届いていますので、
保険代理店へFAXを送ってもらうと
スムーズに進める事ができます。

 

納車日に事故をする方も
いらっしゃいますので
確実に手続きを行いましょう。

 

保険の手続きは簡単

 

保険と聞くと良くわからないし、
なんだか難しそうだから
手続きも面倒なのかなと
言われる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし実際に手続きをしてみると、
代理店に行き
必要書類に認めの印鑑を押印するだけ
なのでとても簡単なのです。

 

簡単な手続きなので、
車を手放した場合には必ず
手続きをするようにしましょうね。