中古車 売却 トラブル

中古車売却でのトラブル事例

 

中古車を売却する際には
どのようなトラブルが、
起こる可能性があるのでしょうか。

 

売却時にトラブルが
起きないようにするためにも、
起こるであろうトラブルを知っておきましょう。

 

査定ミス

 

査定を行った人から電話があり、
事故歴が見つかりRAとなるので、
キャンセルまたは再査定の差額分を
返金するように言われました。

 

これは、査定をした
営業が査定ミスをしていたというパターンです。

 

査定ミスをすると、
店に多大な損害を与えるのですが、
その為営業は上司から責められます。

 

中には、
差額を返金させるように
指示する上司までいる様です。

 

しかしこの場合には、
契約後の出来事なので、
基本的には返金する必要はありません。

 

査定には資格が必要ですので、
その資格を持ったプロの査定士が行っていますので、
非は営業にありますし、
契約書を交わした時点で契約は完了しています。

 

無視もしくは、
第三者機関へ相談しましょう。

 

キャンセル問題

 

「キャンセルできない、
買い手がつき手付金ももらっている」と言われた。

 

一度契約をしてしまうと、
キャンセルができなくなってしまいますので、
契約の際には良く考えましょう。

 

また契約約款にキャンセル料が
発生する旨が記載されている事もありますので、
契約時には良く確認しましょう。

 

契約書を書いていない

 

「キャンセルできない、
買い手がつき手付金ももらっている」と言われた。

 

契約書にサインをしていないにも関わらず、
売却する話になり、
車を引き取られるという事もあるようです。

 

断る際にはしっかりと断りましょう。

 

このように車を売却する際には
様々なトラブルが起こる可能性があるようです。

 

気持ちよく売却できるように、
しっかり説明を聞く、
しっかり断ると言ったことを心がけましょう。