中古車 売却 税金

中古車売却に関する税金対策 まとめ

 

中古車販売店に、
車を売却する際に
税金について考えたことはありますか。

 

実は車を売る時期を少し変えるだけで、
車に掛かる税金を節約できると知っていましたか。

 

例えば軽自動車だと、
税金を削減するに適した
タイミングと言うのは限られています。

 

そんな、
車税を節約する方法をご紹介します。

 

税金を節約するには

 

簡単にいうと
税金を節約する方法は
車を手放す事です。

 

しかしこの手放す時期によっては、
税金を払わなくてはいけなくなり、
節約できなくなりますので気を付けて下さいね。

 

車を手放して税金を節約できるタイミング

 

車を手放すタイミングは
いつでも良いわけではありません、
それは税金がかかるタイミングに理由があります。

 

基本的に車の税金は4月1日に
所有しているひとに対して税金がかるのです。

 

ですので、
この4月1日以降に売却してしまうと、
車の税金が掛かってしまうので節税はできません。

 

何といってもその時期に、
保有していると一年分の税金を払わなければいけません。

 

そこで、
税金を節約する場合には、
3月31日までに名義変更が済むように売却する事が大切です。

 

売却後3月31日までに名義変更が完了する方法

 

しかし3月と言うと
陸運支局がものすごく込み合います。

 

込み合うので
3月末の名義変更や廃車の手続きが
間に合わず4月にずれ込んでしまう事もあるのだそうです。

 

しかし、この廃車の手続きが間に合わなくても、
車屋には非無く税金の支払いは所有者に課せられます。

 

なぜ売却したにも関わらず、
税金を支払わなければいけないのかと
思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
車会社は名変や廃車の手続きをする猶予を、
14日間法律により設けてあるのです。

 

その為、
3月末ギリギリに手放した場合
名義変更ができない場合には
一年分の税金を払う義務が発生してしまうという事です。

 

これでは税金を節約する事はできませんね。

 

そこで、
確実に税金が掛からないようにするために、
売却して14日目が3月末になるようにする必要があるのです。

 

ですので、
買い取り業者に渡すのを
31日から14日逆算した17日頃までに
買い取り業者へ渡すと良いでしょう。

 

そんなギリギリに渡さなくても
良いじゃないかと思われるかもしれませんが、
一年分の税金を払っているので
ギリギリまで乗らないと払った税金がもったいないと思いませんか。

 

ですので、
買い取り業者に売却するのは
3月中旬が良いのです。

 

こうする事で
確実に次年度の税金を節約する事ができますよ。